2018年2月17日土曜日

神奈川県高校入試~英語考察~




いつもお世話になっております、学習塾FLAPS 南橋本校の小林です。

2月14日には、ついに2018年度神奈川県公立入試が実施されましたね。


問題の傾向の変更があり、教科にもよりますが全体的には難化の傾向に進んだのではないでしょうか。

今回はその中でやや易化したとみられている英語の問題の講評をさせて頂きます。








問題の作成のねらいとしては、

基本と応用をバランス良く混ぜ合わせて、英語のコミュニケーション能力をみることを主なねらいとしているようですね。



さて、今回の英語の問題に関して、配点の変更が大きなポイントになりました。



問1のリスニングが19点から21点に配点増

問3の文法問題が各2点から各3点に変更

③ 英作文が2題から1題に変更。

④ 読解問題での合計配点が40点。


※ 平成29年度:45 平成28年度: 40点  平成27年度:40点 平成26年度:48点 平成25年度:48点


まだ平均点の発表がないので、現段階での体感での予測ですが・・・

易化の要因として挙げられそうなのは、苦手な生徒が多い英作文の割合が減り、リスニング・文法問題の配点が増えたことが大きいかと思います。

読解問題の配点も40点に戻し、昨年比では減となりましたね。






<大問解説>

問1 【リスニング

昨年、配点が18点から19点に上がっていたリスニングへの配点が、今回は21点へと更に上がった結果となりました。文部科学省が推し進めている「英語を使ったコミュニケーション」にはリスニングが必須という背景もあるのではないでしょうか。

リスニングスピードがとても上がった一昨年。

そして去年は落ち着きを見せましたが、今年は(生徒からの聞き取りでの判断になりますが)去年並みというように聞いています。

FLAPSでは一昨年レベルでのリスニング対策をしていたので、特に速く感じたということはなかったようです。

(ア) 、(イ)に関しては例年通りの問題でしたね。

リスニングのスクリプトを読んでいても、特段大きな変化は感じませんでした。


(ウ) に関しては傾向の変更がありました。
今までは単純な英問英答の文章でしたが、今年度は図が用意され、聞き取りながら図の空所に入れる語を聞き取るという問題になりました。

また、英文の記述ではなく、英語1語を答える問題になったことがどう影響するのか、発表を待ちたいと思います。



問2 【語彙の問題

近年の出題パターンと同様、日本語訳はなく、文脈から正しい語句を当てはめる問題。


正答となる語句も、

(ア) traditional

(イ) dictionary

(ウ) useful

と、対策をしていればさほど苦労せず出てくる問題でした。


問3【文法選択】

 配点変更があった文法の選択問題ですが、それぞれの問題で問われた文法は

(ア) 時制+受動態

(イ) 比較

(ウ) 分詞

(エ) 前置詞+動名詞

と、特段予想外の表現はなく、例年通りの難易度であったかと思います。


問4 【並びかえ】


(ア) 比較(whichを使った定型文)

(イ) what+不定詞、前置詞as

(ウ) 不定詞、関係代名詞(省略)、現在完了


(エ) 間接疑問文(定型文)

と、例年通り、中2~中3で学習する文法を総合的に問われる形式でした。
こちらも特段難しいといえるものはなかったですね。


問5 【英作文】

絵の内容と文の流れから推測して、空所に入る英文を作る問題。

今年は「returned」という語を使う5語以上の英文、という指定でした。


絵3枚目での図書館司書の発言、「Next  Thursday」を読み取って、疑問詞whenを使うところまでは思いついたのでは。

ただ、受動態を見抜けずに失点した生徒さんも少なくなかったのではないでしょうか。



問6 【読解問題・グラフ】

 例年受験生を苦しめていた(ウ)の内容一致問題に変更がありました。
今までは2つの正答を自分で選ばなければならなかったものが、組み合わせを選ぶものに変わりました

 また、出題内容も「海岸ごみ」に関するもので、馴染みが深い生徒も多かったでしょうし、題問の平均点は上がりそうですね。


問7 【読解問題・資料】

 出題数が2題に変更になったのは少し衝撃的でした。
この題問を得点源にしていた生徒さんも多かったとは思うのですが・・・。

内容自体は、

(ア) 文を見て、地図上のどこのバス停にケンがいるのか答える設問

(イ) バス旅行の資料と英文からヒロキが選んだコースを答える設問


情報量も難易度に関しても、例年に比べると下がったのではないでしょうか。



問8 【対話文読解】

 こちらの長文では、前回の記事でも触れた教育指導要領にもある、プログラミングに関しての長文。新しい話題を使ってきたことに驚いた生徒さんもいたかと思います。

ただ、問6と同様に、(ウ)の内容一致問題は組み合わせになり、その他の設問自体の難易度はそこまで高くなかったですね。

長文読解の解法がしっかりと定着している生徒に関しては大きく苦労はしなかったのでは。




受験生の皆さん、本当に受験お疲れ様でした。

みなさんの合否の結果報告を、心待ちにしております。


それでは、本日はここまでとさせていただきます。








【小学校】

横山小学校
上溝小学校
上溝南小学校
作の口小学校
星が丘小学校
九沢小学校
清新小学校
小山小学校
陽光台小学校
新宿小学校

・・・etc

【中学校】

清新中学校
上溝中学校
大沢中学校
上溝南中学校
小山中学校
弥栄中学校

・・・etc


FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!

2018年2月1日木曜日

入試直前対策講座


いつもお世話になっております。

学習塾FLAPS南橋本校の羽鳥です。



先週は特に冷え込む一週間でしたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


まだまだインフルエンザが猛威を振るっていますので
外から帰ってきたら

必ず手洗いうがいを行いましょう!!!!




さて、南橋本校では

1月27日(土)と2月3日(土)の二日間、

「入試直前対策講座」を行っています。


FLAPSに通っている中学3年生の生徒達が
朝から晩まで入試の予想問題を解いていくといった内容です。



先日行われた1月27日の講座では
10時~20時まで、社会の5回分のテストとその解説を
ひたすらに行いました。

講座が終わるころには、生徒達みんなヘトヘトの表情をしているのかと思いきや

朝FLAPSに来たときよりも良い表情をしている生徒ばかりでした!!!

疲労も勿論あったと思いますが、それ以上に達成感成長感があったのかもしれません。


入試まで残り13日のいま、

決して気持ち的にも楽ではないと思いますが、

みんなが高校に合格したときに


「あの時必死になって頑張ったもんね。」


そんな風に言い合えるような【今日】をつくっていきましょう。


来週は数学の対策講座になります。


ラストスパート!一緒に頑張っていこう!!
先生たちも共に戦います!!!!!!




【小学校】

横山小学校
上溝小学校
上溝南小学校
作の口小学校
星が丘小学校
九沢小学校
清新小学校
小山小学校
陽光台小学校
新宿小学校

・・・etc

【中学校】

清新中学校
上溝中学校
大沢中学校
上溝南中学校
小山中学校
弥栄中学校

・・・etc


FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!




2018年1月22日月曜日

1/22 南橋本校休校のお知らせ

こんにちは。
いつもお世話になっております、学習塾フラップスの羽鳥です。

本日は相模原市で大雪警報が発令されているため

小学生・中学生ともに休校とさせていただきます


本日の授業分は振替授業をさせていただきます。

<日程>

1/27(土)

10:00-10:55 小3 国語
11:05-12:00 小3 算数

13:00-13:55 小4 国語
14:05-15:00 小4 算数

16:00-16:55 小4 国語
17:05-18:00 小4 算数

19:00-20:20 中1 国語
20:30-21:50 中1 数学

20:30-21:50 中2 英語

19:00-20:20 中3 数学
20:30-21:50 中3 英語



日程につきましては連絡網でもご連絡させていただきます。


宜しくお願い致します。

2018年1月16日火曜日

算数と数学。

こんにちは。
FLAPS南橋本校の川島です。

遅くなりましたが、改めて。
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今回のブログでは、算数と数学について書いてみたいと思っています。


「算数と数学の違いってなに?」
これはよく私が生徒に聞かれる質問です。
みなさんも、この違いについて少し考えたことがあるのではないのでしょうか?
この答えについて小学生に伝えているのが

算数は生活の中にある計算
数学は生活の中では使わない計算

と伝えています。


具体的に言うと、
例えば、よく出てくる単位換算の問題。
1m100cm1km1000mという問題は生活の中で必要なものです。
一方、数学の問題。例えば二次方程式や関数のグラフの問題。
これは結び付けようと思えば出来ますが、小学生には中々難しいですよね。

このように、算数と数学では同じ数字を使う勉強でも、捉え方が少し変わってくるんです。

では、算数が出来ない子が数学になれば出来るようになるのか?
この答えは限りなくNOに近いです。

なぜか?
答えはこの画像にあると思っております。





このように、ならないようにするためには
算数の計算の積み重ねが最も大切であり、数学での成功に繋がっていくのです。
小学生の時の勉強には、国語も理科も社会もありますが、
特に算数は小学生の頃の計算が理解出来ていないと中学生になってから大きくつまづいてしまうのです。


では、どうすればいいのか?
それは簡単です。


野球が上手くなるためにはまずキャッチボールから、サッカーならリフティング、のように、算数はとにかく計算です。特に、
わり算と分数と小数を抑えておきましょう。
ここでつまづく子が非常に多いです。まずは、基礎から見直してみて、次のステップアップに繋げていきましょう!


中3生は県立入試まであと31日!
1、中2は学年末まであと1ヶ月とちょっと!

一緒に頑張っていこう!!!!


2017年12月25日月曜日

学習指導要領 と 入試まであと・・・


いつもお世話になっております、学習塾FLAPS 南橋本校の小林です。

学習指導要領について、簡単にご説明させていただきます。



そもそも、学習指導要領って何??

文部科学省が定めた学校教育の基準となるものです。
ほぼ10年に1度、大きく改訂され、それ以外にも4年に一度改訂されます。

今回の変更は少しわかりづらい点も多いのですが、大きくわけると


①主体的な学び
②対話的な学び
③深い学び


が必要とされています。


IT技術が様々なことができるようになってきており、従来の仕事が今に増して機械に取って代わられるといわれている昨今ですが


その中でも、2つ大きな変化があります。


① 英語教育

今までも小学校5・6年生で35時間ずつ設けられていた英語の授業が小学3・4年生から行うようになります

また、5・6年生では英語が「教科化」され、70時間課されます。

教科化というのは、わかりやすくお伝えすると、他の教科と同じように、通知表で評価されるようになるということです。
(今は端に小さく活動内容が文章で乗っているだけですよね)

② プログラミング授業の導入

小中高校すべてにおいて、プログラミングの授が導入されます。

プログラミングというと、パソコンを操作できる人?

ゲームとかを創る人、のようなイメージがふつうかもしれませんが・・・




そういったシステムエンジニアやプログラマーを養成するのが目的ではありません。




というよりは、論理的な思考と問題解決する能力を持った人材を国が育成したいと考えているのですね。

筋道をハッキリさせた考え方を持つ力、とでもいいましょうか。


※ ちなみに、ふだん生徒と接していると、伝えたいことがあるのになかなか上手にお話を組み立てられない生徒が年々増えているように感じます。

例) えーっとねぇ・・・○○ちゃんがねぇ・・・・このあいだねぇ・・・えーっと・・・)




その他にも数多くの変更があるのですが・・・


詳しくはまた次回。





さて、FLAPS 南橋本校では冬期講習も始まり、

小学生は習慣との戦い。

中学1,2年生も苦手に立ち向かっています。


そして中学3年生。




神奈川県公立高校入試まで



あと 51 日



もう、本番はすぐそこです。



悔いのないように、突き進みましょう。


それでは、また。






【小学校】

横山小学校
上溝小学校
上溝南小学校
作の口小学校
星が丘小学校
九沢小学校
清新小学校
小山小学校
陽光台小学校
新宿小学校

・・・etc

【中学校】

清新中学校
上溝中学校
大沢中学校
上溝南中学校
小山中学校
弥栄中学校

・・・etc


FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!

2017年12月9日土曜日

国語の重要性

こんにちは!
学習塾FLAPS南橋本校の羽鳥です。

12月に入り、気温もグッと下がってきましたね。
風邪を引きやすい時期なので、体調を崩さないようしっかり予防をしていきましょう!



...さて、今回は
国語の重要性について

少しお話したいと思います。



というのも


国語が全ての勉強の基礎だからです。


国語は大きく分けて

二つの力に分けることが出来ます。


それは
読む力書く力です。


どちらの力も大切ですが

この二つの力は
国語以外の教科にも影響します


例えば、<算数>の場合

単純な計算問題はしっかり解けているのに

文章問題になると解けなくなるというお話を聞くことが多いです。



これは、読む力が弱いために

そもそも問題の意味が分からないということが原因です。



また、仮に読む力があったとしても

書く力が弱いために


問題の意味も、その答え頭に浮かんでいるのに

それをどう書いたら良いか分からない

そういったケースも少なくありません。



もしも国語の力が足りないばかりに


得意だったはずの教科が、苦手になってしまったらすごくもったいないですよね。




そこで今回の冬期講習の国語では

書く力を中心に伸ばすために

【記述問題】を解いていきます。


「この時の主人公の気持ちを文章中の言葉を使って〇〇字以内で書きなさい。」



学校でこういった問題が出たときに、困らないよう

記述問題の答えの探し方、書き方を教えていきます!


次の学年に上がる前に、この冬休みで書く力をFLAPSで伸ばしましょう!


------------------------------------------------------------------------------------



【小学校】

横山小
上溝小
上溝南小
作の口小
星が丘小
九沢小
清新小
小山小
陽光台小

・・・etc

【中学校】

清新中
上溝中
大沢中
上溝南中
小山中
弥栄中

・・・etc


FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!



2017年11月10日金曜日

ご挨拶



こんにちは!

私、11月6日(月)より南橋本校で教壇に立たせていただいております、
講師の川島 大輝(かわしま だいき)と申します。

南橋本校に来る以前は、約2年半の間、FLAPSの南林間校で数学と理科を教えていました。
南橋本校でも、数学と理科を教えていきます!

簡単な自己紹介をさせていただきます。
年齢は25歳。3月3日生まれ。出身地は神奈川県横浜市です。
好きな動物は犬(ポメラニアン)。
好きな食べ物は唐揚げ。
好きな色は青色です。

情熱をもって、全力で指導させていただきますので、
今後とも宜しくお願い致します!!